ページの本文へ

Hitachi

BistroMate飲食業向けASPサービス

清水均のフードビジネス短信

第5回 フードサービス業と販売促進のポイント-その4-

ポイント3 インターナル・プロモーションの仕掛けづくり

最後のキーポイントとして重要なのがインターナル・プロモーションの仕掛けづくりです。インターナル(internal)とは[内の、内面の]といった意味があり、この反対がエクスターナル(external)[外側の、外面(だけ)の]といった意味になります。販売促進は通常エクスターナルな要素が強く、お客様に喜んでもらったり、得してもらうために行われると解釈されがちです。しかし、販売促進はもう一面にあるインターナルな要素が大変重要であり、エクスターナルな要素と併せて実施されなければならないのです。

インターナルな要素とは店舗の社員とパート・アルバイト、本部スタッフ、セントラルキッチンやカミサリー、そして配送担当者、関連業者に対する販売促進のことです。これをインターナル・プロモーションと言います。

具体的な例を挙げればこうなります。例えばあるチェーン店の本部で「秋のスパゲティー&ドリア・フェア」を企画したとします。この販売促進の目的は10・ 11月の売上の伸びにくい時期に低単価でお値打ちなフェアを実施し、顧客の利用率を高めると共に原価率を下げ、荒利益の確保を図ろうとするものです。また、新メニューのテストマーケティングも兼ねています。この場合、エクスターナル・プロモーションとしては新聞折り込みチラシや店内ポスター、挟み込みメニューなどのツールを使い、秋に関連したイタリア産のキノコ類や輸入チーズを使ったオリジナルなスパゲティー6品とドリア3品を楽しんでもらうものです。また、折り込みチラシにはセット割引券とデザート&ドリンク割引券がフックとして付いており、利用すればお得になるようにしてあります。このフックによって効果測定も可能です。

  • フードビジネスコンサルタント(亜細亜大学講師) 清水 均
Bistro Mateに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-346-401 受付時間 9時~17時(土・日・祝日は除く)