ページの本文へ

Hitachi

BistroMate飲食業向けASPサービス

清水均のフードビジネス短信

第2回 ファインカジュアルとファインダイニング-その1-

ファインカジュアルとファインダイニング

ファインとは、fin(終わり)を語源とし、「質において最後=究極」といった意味合いになります。米国で呼ばれるこのファインと付く業態が、世界各地でフードサービス業界を牽引しているのです。

そこで先ず、最新・米国の業態分類を解説します。

最新・米国の業態分類

清水 均著「フードサービス攻めの計数」商業界発行より引用

客数は、下に行くほど増えます。また、客単価は上に行くほど高くなります。同様にサービスや仕込みの手間ひまも上に行くほど多くなるのです。

アッパーカジュアルレストラン(UC)は、『ファインカジュアル』とも呼ばれます。トレンディーで洗練され、エレガンスで超高級なファインダイニング(FD)ディナーハウス(DH)との間に分類されています。ファインダイニング(FD)の客単価は米国でも高額です。従って、利用客が確保できて経営が成り立つのは、ニューヨークのマンハッタンを筆頭とする大都会の都市部です。

もっとリーズナブルにファインダイニング(FD)的な要素を楽しみたいというニーズは当然あり、アッパーカジュアルレストラン(UC)は開発されたのです。アルコールの販売比率も高く、美味しく食べるために楽しく飲むトレンディーで格好いいダイニングです。店舗デザインや照明、音楽などが商品やサービスと共に重要な要素となります。

先にもふれたファインダイニング(FD)は、著名なオーナーシェフやデザイナーブランドによりトータルコーディネイトされたゴージャスな店作りを売り物としており、商品コンセプトもそのテーマに沿ったものになっています。

  • フードビジネスコンサルタント(亜細亜大学講師) 清水 均
Bistro Mateに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-346-401 受付時間 9時~17時(土・日・祝日は除く)