ページの本文へ

Hitachi

BistroMate飲食業向けASPサービス

清水均のフードビジネス短信

第3回 ますます重要になる場所別売上分析-その3-

場所別売上分析の問題を解いてみよう

その1その2では、「場所別売上分析」について説明しましたが、ある程度は理解していただいたと思います。そこで、その3では、「場所別売上分析」の問題を出題します。問題を解いて、さらに理解を深めましょう。

問題

下の表(表A)は、ある和食店の12月度の売上高(前年実績)を時間帯別と場所別で示している。この店では、ランチは予約を受けず、全てフリー(予約なし)客を対象として営業している。
また、午後3時~5時までは、準備のためクローズしている。
それでは、各問(問題1~4)に解答し、(表A)の空欄を埋めなさい。

(表A):ある和食店の前年12月度売上高実績

時間帯別売上高 売上高(円) 客数(人) 客単価(円)
ランチタイム 4,800,000 3,200 a
ディナータイム 7,200,000 b c
合計 d e ※ f
場所別売上高 売上高(円) 客数(人) 客単価(円)
ディナータイム・フリー客 3,000,000 g 3,000
ディナータイム・宴会客 4,200,000 600 h
合計 i j ※ k

問題1

(表A)で空欄となっている売上高、客数、客単価(a~k)を算出し、空欄を埋めなさい。
※の欄(f、k)は時間帯別、場所別売上高とも合計売上高÷合計客数として算出のこと。

問題2

前年ディナータイムの宴会組数が50組とした場合の1組当りの客数を算出しなさい。

問題3

本年度は、宴会客の客単価を消費の低迷のため1,000円下げる予定である。
この場合、前年並みに宴会売上高の実績を上げるには、宴会を何組とる必要があるか算出しなさい。
1組当りの客数は前年と同じとする。(小数点のある場合は切り上げ、答えは整数で算出のこと。)

問題4

もし、あなたがこの店の店長であれば、ディナータイムの宴会売上高の実績を前年並みに上げるために、どのような行動をいつ頃からするか、具体的に書きなさい。

解答は次号に掲載します。

  • フードビジネスコンサルタント(亜細亜大学講師) 清水 均
Bistro Mateに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-346-401 受付時間 9時~17時(土・日・祝日は除く)