ページの本文へ

Hitachi

BistroMate飲食業向けASPサービス

顔認証対応

顔認証で本人確認。不正を防止、勤務実績管理を強化。

カメラで撮るだけ!店舗スタッフの出退勤登録は顔認証で!

ビストロメイトでは、本人認証を必要とするログイン認証や勤怠管理で、顔認証を採用しています。iPadやiPhone、その他タブレット端末にて利用可能なため、スペースを取らずに利用できます。また、非接触での認証が可能なため、水や油を使用する飲食店に適しています。

  • 出退勤の修正などの業務煩雑化を解消し、管理者本来の役割(適正人員の確保、教育、ワークスケジュールの活用)に時間を割きたい
  • 従業員やアルバイトなどの労務管理をきっちり行いたい
  • 勤怠打刻不正や改ざん、なりすましなどを防止したい

など、さまざまな課題を解決します。

勤怠打刻

出退勤打刻に顔認証システムを組み込むことで、本人確認の強化をしつつ、手軽に打刻できます。

勤怠打刻方法

打刻のポイント

不正打刻の防止 顔認証機能を用いて打刻を行うことにより、不正打刻の防止が可能になります。
打刻改ざんの防止 システム機能の権限認証においても顔認証を利用することにより、権限不正利用を防止し、打刻の改ざん防止が可能になります
バーコード・専用端末不要 標準搭載カメラを利用した顔認証打刻のため、専用端末・バーコードが不要になります。
視覚的なログ確認 顔画像をログとして取ることで、視覚的なログの確認が可能になります。

運用効率化への対応

自動チェック、自動撮影により初心者でも簡単に登録、認証が可能です。チェック機能により顔認証用マスタの精度を向上させ、認証精度を高めます。

運用効率化への対応1

自動ズーム 自動ズーム調整により、一定サイズでの撮影/認証が可能になります(自身で距離調整不要)。
自動シャッター マスタ撮影が可能な状態になったら、自動的に撮影されます(顔を映すだけで簡単に撮影)。

運用効率化への対応2

タブレット傾き検知 タブレットの傾きを検出して、最適な状態で撮影/認証します(最適な状態で撮影/認証可能)。
顔認識範囲チェック 画面内に顔がおさまっているかをチェックします(最適な状態で撮影/認証可能)。

認証情報の一元管理

端末上には認証情報は保持せず、顔情報を当社データセンタで一元管理します。各拠点/各端末を問わず認証可能です。

顔認証の概要図(認証情報の一元管理)

Bistro Mateに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-346-401 受付時間 9時~17時(土・日・祝日は除く)