ページの本文へ

Hitachi

BistroMate飲食業向けASPサービス

営業日報・損益管理

店舗の損益情報をはじめとする必要な情報が一目瞭然。
店舗と本部双方で進捗状況の管理が可能で、予算達成が習慣づきます。

営業日報

日報が自動で作成。本部の集計作業も不要に。

営業日報画面

日報が自動で作成されます。
店舗での手書きによる日報作成やFAX送信、本部での集計作業がなくなり、手作業での日報作成から解放されます。また、人の手を介さないため、人的ミスがなくなります。

売上・仕入・人件費の目標値・達成率、FL率、粗利、人時売上高、人時接客数、小口現金、水道光熱費、諸経費(家賃・修繕費等)などの、店舗の損益情報をはじめとする必要な情報が一目瞭然で、今まで集計後しか分からなかった店舗の営業状況が、手に取るように分かります。
営業状況がリアルタイムで確認でき、日々の対策を本部でも考えることができるようになります。

店舗からのコメント、本部からのコメントも閲覧でき、迅速なコミュニケーションも実現します。
もちろんタブレットでの利用も可能で、場所を選ばず外出先でも店舗の営業状況を確認できます。

損益管理

損益情報をグラフなどでビジュアル化。視覚的に把握可能。

損益管理画面

各業務データの集計が不要になります。
売上・人件費・人時売上高の達成率など、日々知りたい損益情報が確認できます。グラフでビジュアル化しているため、視覚的に把握が可能で、日々のモニタリングに最適。本部では全店舗の損益情報が確認できます。

棒グラフでの表示も可能

棒グラフ

選べるアイコン

アイコン

Bistro Mateに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-346-401 受付時間 9時~17時(土・日・祝日は除く)