ページの本文へ

Hitachi

BistroMate飲食業向けASPサービス

飲食業界IT用語集

EOS(Electronic Ordering System)

電子発注システムのこと。パソコン等の発注端末(POSにソフトを組み込むタイプもある)を使って発注をするシステム。店舗から発注端末で希望する食材のデータを入力すれば本部もしくは取引先(卸し会社・メーカー)への発注が完了する仕組み。本部や取引先を結ぶシステムも含めて言う場合や店舗での仕入確定(検品)のシステムを含めて言う場合がある。

EOS(イー・オー・エス)導入のメリット

EOSは電話や手書きFAXを使用した発注と比べ次のようなメリットがあり、作業の効率化につながる。

項番 項目 電話・手書きFAX発注
の場合のデメリット
EOS発注の場合の
メリット
(1) 店舗での発注作業の利便性
  • 手書きFAX発注の場合、取引先毎にFAX送付用の発注書を1枚1枚作成しFAX送信しなければならため、取引先の数が多い場合は大変な作業となる。
  • FAXは、紙切れや紛失の可能性が有り、その都度再送信を行う必要がある。
  • 取引先のパソコンが故障しない限り、発注データの受信は確実であるため、店舗・本部の負荷が軽減される。
  • 発注端末の検索やソートの機能を利用することにより、効率の良い発注入力作業を行うことができる。
  • 持ち歩き可能な発注端末を使用すれば、在庫をみながら発注することもできる。
(2) 取引先側にとっての利便性
  • 手書きFAX発注の場合、くせ字等により文字が読みづらい場合があり、取引先先にとって負担になる場合がある。
  • 決まった時刻に発注データ(受注データ)を取得できるので、取引先の運用の負荷が軽減される。
  • 発注締め処理時に取引先の商品コードに変換して発注書を作成することができるので、取引先の利便性が増す。
(3) 店舗での納品時の納品書との照合
(仕入確定)作業における利便性
  • 手書きFAX発注の場合は、送付したFAXが発注控えとなるが、電話発注の場合は別途控えを作成しておく必要がある。
  • 納品時にその伝票番号を呼び出して納品書との照合を行うことが可能。作業の効率化が図れる。

EOS(イー・オー・エス)導入の留意点

EOSの導入にあたっては、本部、店舗、取引先間であらかじめ発注する食材の規格(コード、名称、価格、入数、部門、等)を決定し、食材マスタを整備する必要がある。

EOS導入で大事なことは、EOSによる発注をできるだけ100%に近づけること。EOSを稼働させたのに、発注締め時刻に間に合わないからと行って店舗が昔のままの電話やFAX発注を多用するのでは、EOS導入の意味が半減する。

出典:清水均著「フードサービス攻めの計数」(商業界刊)

Bistro Mateに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-346-401 受付時間 9時~17時(土・日・祝日は除く)