ページの本文へ

Hitachi

BistroMate飲食業向けASPサービス

飲食業界IT用語集

先付け発注

先日付け発注と書く場合もある。たとえば、明日発注できないので、今日中に明日の分を発注しておくこと。先の伝票日付で発注することからこのように呼ばれている。先付け発注はあまり先の分(たとえば、1ヶ月、1年先)を入力すると管理ができなくなってしまうので、1週間先ぐらいまでの先付けとするよう運用ルールを決めるべきである。
先付け発注を行うのは次のようなケースである。

  • 盆や正月のときのように、市場が休みのため通常の発注サイクルと異なる場合。
  • 取引先の物流は365日稼働しているが、発注書(または発注データ)を受け取る事務拠点が休日となる場合。
  • 店舗の設備上、人員上の都合により、本来、明日以降に発注または発注入力する分を今日発注する場合

出典:清水均著「フードサービス攻めの計数」(商業界刊)

Bistro Mateに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-346-401 受付時間 9時~17時(土・日・祝日は除く)