ページの本文へ

Hitachi

BistroMate飲食業向けASPサービス

飲食業界IT用語集

自動発注システム

メニュー出数から、理論上の食材消費量を逆算し、適正在庫と照らし合わせて必要量の食材の発注を自動的に行うシステム。発注作業の簡素化が図れるほか、発注ミスなどによる食材ロスの低下が期待できる。

物販の小売業の場合、品目ごとの販売量と適正在庫量との差がそのまま発注量となるが、飲食業では、この間に調理という作業が介在するため、メニュー出数と発注する食材の品目・量が直接には結びつかない。そのため、飲食業の自動発注システムではレシピマスタの整備が不可欠である。

出典:清水均著「フードサービス攻めの計数」(商業界刊)

Bistro Mateに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-346-401 受付時間 9時~17時(土・日・祝日は除く)